プラスチック塗装

Plastic Coating

プラスチック塗装にも色々あります。

表面塗装

表面塗装

表面塗装する事により製品価値が高まり、多少のスリキズ、変色、ウェルドやひけ等が目立たなくなります。基本的には表面均一の塗装が一般的ですが、それ以外にも色々な塗装のやり方があり一層、製品価値を高める事もできます。例として、レザートン塗装(シボ塗装)、ワイピング塗装、ボカシ塗装などあります。ここ近年は新しい樹脂が開発されておりますが、当社の塗装技術はあらゆる樹脂に対応できます。

導電塗装

導電塗装(電磁波シールド塗装)

不要な電磁波を遮断するために導電塗装をします。プラスチック成型品に導電塗装を施すことで電磁波を遮断します。導電塗料も多種多様にあり、銅、銀と銅、銀とニッケル、ニッケルのみなど色々あります。抵抗値、プラスチックの種類と予算によって、導電塗料の選択が出来ます。プラスチックも ABS , PP , PPE , ノリル、アクリルなど、どんなプラスチックにも対応できます。

プライマー塗装

生地と塗料の密着を良くします。特にガラス入り樹脂などに良く使われております。

1液塗装

コストが安く短時間で仕上がります。

2液塗装

コストは1液塗装より割高ですが、強度があり耐候性、対磨耗性が優れております。

ロボット塗装

大量生産に適しております。同じ吐出量、同じスピードで塗装ができますので 膜厚も均一に塗装が出来ます。ロボット塗装でも少量生産は可能です。

手吹き塗装

多種、少量生産に適しており、塗料もロボット塗装よりも少量で済みます。 臨機応変な対応が可能です。手吹き塗装でも大量生産は可能です。

どんな些細なことでも
お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームはこちら

電話でのお問い合わせ048-798-0710

メールでのお問い合わせ